MENU

レターパックを書き損じたり破損した場合どうしたらいいの?交換できる?対処方法について

先日、実家に本を送ろうと思いレターパックプラスを買って出そうとしたら、こんな悲劇に見舞われました。

3歳児の手の届くところに置いた数分前の自分…!!悔やまれます。

目次

レターパックの書き損じや破損の対処方法

こんな状況に見舞われた場合、とりあえずやるべきことは一つです。

それは、レターパックの下部分にある、

配達証が無事かどうか確認します。シールになっているこれです↓

この配達証部分が無事ならば、ぼろぼろになったレターパックを郵便局に持っていき、交換手数料42円を払えば新品に交換してくれます!(コンビニでは交換してくれません)

また、誤って配達証を剥がしてしまっても、交換手数料42円を払えば他の商品に交換してくれます。

交換手数料42円を払えば、新品やほかの商品にも交換可能

レターパックライトでもレターパックプラスでもそれぞれ42円を支払えば、以下の商品と交換できます。

  1. レターパックの新品
  2. 普通切手
  3. 郵便はがき
  4. 郵便書簡
  5. スマートレター封筒

郵便局の公式HPに以下のように記載があります。

書き損じのレターパックやスマートレターを、切手やはがき、新しいレターパックやスマートレターと交換することはできますか?

交換可能です。ただし、手数料42円がかかります。

引用元:書き損じのレターパックやスマートレターを、切手やはがき、新しいレターパックやスマートレターと交換することはできますか? – 日本郵便

交換可能商品一覧がわかりやすく書いてあります↓

www.post.japanpost.jp

ぼろぼろのレターパックをもっていくのはかなり恥ずかしかったですが、レターパックプラスは520円するので、もし配達証が無事ならばぜひ新品に交換してもらいましょう!

今度は子供の手の届かないところに保管しておきます…。

↓ブログランキングに参加中です。
よろしければ応援お願いします☆

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村
いつも応援ありがとうございます!
更新の励みになります。
目次
閉じる