ネオシュフ

共働きで2人の子供を育てる主婦の雑記

ズボンプレッサーでスーツ姿をさらに格好良く!使い方のコツとおすすめ機種をご紹介します【コルビー(CORBY)】

こんにちは、ネオです。
いつもご覧いただきありがとうございます!

結婚当時から共働きの我が家では夫は毎日スーツ、私もパンツスーツで出勤することが多いです。そのため、

『毎日きちんとセンタープレスしたパンツで気持ちよく仕事に行きたい』

『でも共働きで忙しいし、クリーニングに頻繁に行くのが大変』

『家で手軽にプレスできれば、時間とクリーニング代の節約にもなるのになあ、けどアイロンがけはめんどくさい。。』

という、おいおいどんだけ欲張りなの?!という要望を抱えておりました。

しかしその願いをすべてかなえてくれたのがこの、ズボンプレッサーというものです。

使い方は超簡単


イラストが稚拙なため、生活感出ちゃってる感じになっていますが、イメージとしては

伊勢丹メンズ館のカタログに出てくるようなビジネスマン』

の着ているスーツみたいにきちっと仕上がります。

使い方のコツは?

使い方のコツとしてはずばり『毎日プレスすること』です!

使い方はもう単純なので、すぐにできます。加えて、毎日プレスすることで『線が消えない』ため、クリーニングから仕上がった時と同じところにきっちり毎回プレスできるのです。

一回線が消えてしまうと、どうしても線がある時に比べてセットがうまくいかず、仕上がりに差が出ます。

また、スーツを脱いだらハンガーにかけておくと思いますが、パンツをハンガーに揃えてかけるのとほぼ同じ労力でプレスできるのでとても楽ちんです。

そして上着やベルトやネクタイもかけられるのも便利です。

 

機種の選び方

私は約4年ズボンプレッサーを使用していますが、一番大事なことは先ほども申し上げたように『毎日使うこと』です。

そのため、毎日出しっぱなしにしていてすぐ使え、部屋のインテリアとも違和感がないものを選ぶということをおすすめします。

毎日使うものなので、出し入れするタイプは面倒です。

そして求める機能は非常にシンプルで『簡単に綺麗にプレスできること』一点のみ。

以上を踏まえて、我が家はコルビーズボンプレッサー3300JAにしましたが、同じコルビー社製で、より新しく価格も安い3300JCもおすすめです。


アマゾンのコルビー社についての商品説明を引用します。

「コルビー」は1930年創業以来、一貫して理想のズボンプレスを追求し続けています。 そのこだわりと伝統が世界中のエグゼクティブに評価されています。 また、耐久力にも優れ、ホテルの客接装備品としても活躍しています。 80年以上の経験を活かし、使いやすさを徹底追及した高性能ズボンプレッサーがあれば、アイロンがけのように大変な思いをしなくても、毎日シワのないスーツで気持ちよく仕事に臨むことができます。

 

ズボンプレッサーは東芝製など他にもありますが、木目調で落ち着いた色合いがインテリアとしても美しく、仕上がりの満足度も高いコルビー社製が個人的には良いと思います。

アマゾンや価格ドットコムなどに口コミもたくさんありますので、もしズボンプレッサー便利そうだな~と思われたら、ぜひいろいろ見てみてください。

毎日スーツを着る方には時間もお金も節約できて、さらに毎日気持ちよく仕事ができるという付加価値もついてくるズボンプレッサー、我が家で毎日大活躍です。


\共働きで育児中の我が家の、強力なサポーター達です/

www.neoshufu.com