ネオシュフ

共働きで2人の子供を育てる主婦の雑記

『ただの時短はもう古い?これからは「時産」の時代です。』という記事がおもしろかった話【ananレビュー】

こんにちは、ネオです。

また更新が開いてしまいました…あわただしい日々が続いています。

 

さて以前にananに掲載され、興味深い記事がありましたのでご紹介いたします。

 

 なるほどと思ったのは、時短ではなく時産という言葉。

 

 自分が手間をかけなくて済むものは、
積極的に家電にアウトソーシングするのが賢い選択。

「ロボット掃除機や自動調理機など、ほったらかしにできる家電や、タイマーを上手に使えば、付きっきりになっていた時間がすべて浮きます。

 自由に過ごせる時間が生まれることで人生の楽しみももっと増えるはず」(戸井田さん)

 

時短家電は特に、時産家電の方が的確にそのメリットを言い表していると思いました。

 

食洗機を例にしてみます

よく、食洗機を使うより、手で洗ったほうが早いという意見があります。
それは間違いないです。

 

しかし食洗機を使うメリットというのは、

 

【皿洗いにかかる時間を短縮する】

 

ことではなく、

 

【皿洗いにかかる時間をゼロにすることで、他のことをする時間が生まれる】

 

ことだと思うんです。

 

しかし。

 

「私は時短家電を使って、家事の時間を短縮しています」

 

というと、まれに、家事に手を抜いているかのようなイメージを持つ人もいます。
そういう意見を聞いて真面目な人ほど、

 

「私って家事に手を抜いているのかな…家電に頼らず自分できちんとやらなくちゃ」

 

と落ち込んだりする人もいるかもしれません。

 

では、こういったらどうでしょう?

 

 

 

ものは言いようです

 

言いたいことは同じですが、表現を変えるだけでぐっとポジティブなイメージになります。

 

仕事をしていると時間が圧倒的に足りないのは事実であり、
育児も仕事も家事も完璧にやるなど不可能です。

どれも完璧にやろうとして、心身ともに疲弊するくらいなら、
優先順位の高いものから自分の時間を使い、代替できるものは代替したほうがいい。

 

「自分が」「今」「疲れている」なら、他人に何を言われても気にしないでどんどん家電なり使えばいいと思います

 

私は仕事をしていても、心身ともに余裕のある状態で、笑顔で子供に接してあげたいです。
疲れていたら、笑顔でいることも難しくなります。

 

 

自分がもっとも大事にしたい時間は何ですか?

 

自分の時間の使い方は、自分で決めていいのです。

 

 

/時産家電、使いまくりです/

 

www.neoshufu.com

 

 

www.neoshufu.com

 

 

/次女1歳になりました。髪の毛ふっさふさです/

 

www.neoshufu.com