ネオシュフ

共働きで2人の子供を育てる主婦の雑記

共働きだと洗濯物を外に干したり取り入れるのが大変だった!ドラム式洗濯乾燥機を買った理由

こんにちは、ネオです。
星をつけてくださった方、読者登録をしてくださった方、ありがとうございます!

さて今日はタイトル通りなのですが、私は結婚してからまず最初に思ったことが、

「二人ともフルタイムで働いてたら、いつ洗濯物を干したり取り入れたりしたらいいんだろう」

ということです。


からの、

 

 

帰宅後は、明日の出勤に備えてお風呂に入ったらすぐ寝たい…

だがしかし。

独身のころは、洗濯物は一人分で少なかったので、部屋干ししておけば済んだ話が、二人になると洗濯物の量が増え、部屋干しも難しくなってきました。

そこで世間の共働きの方々のお知恵を拝見していると、どうやら洗濯物を朝洗いあがるようにし、干してから出勤しているという方がおられました。

いいね!とばかりに、さっそく私も朝洗い上がるように洗濯機をセットして出勤!

 

しようとしたところが、いざ朝、洗濯機がピーピーなりだすと、


 

とんだなまけものです。本当に自分にがっかりします。

また、朝ぎりぎりに起きてしまい、干せずにそのまま出勤したことさえありました…(帰宅後また洗うという負のスパイラル)

頑張って朝干して出勤できたとしても、さらなる問題が発生しました。

「洗濯物を取り入れ忘れて、気づいたときは寝落ちする寸前だった問題」です。

本当に自分にがっかりですが、冬の寒さ&眠さでどうにかして洗濯物を取り入れないでこのまま寝られるか考えた結果、




となり、

 

※実際はもっと洗濯物がたくさんありました。。

 

となりました。

私より勤務時間が長い夫に、洗濯物を一夜干しどころか二夜干ししてしまったとは言わず、洗濯が大変なんだよね~というと、

「結婚で特に家具とか買ってないし、洗濯乾燥機買おう」

と即答してきました。自分がやるという選択肢を一秒も考慮しない、潔い人です。

そして満を持してドラム式洗濯乾燥機を購入した結果、



私の場合、なまけものに拍車がかかっただけではありますが、
洗濯乾燥機を購入したことで、その後の共働き生活において、だいぶ時間的&精神的余裕ができました。
長女の妊娠時のつわり期間もなんとか乗り切れたのは、洗濯乾燥機の貢献もだいぶ大きいです。

もちろんデメリットもあり、『自然乾燥より服が傷む』『電気代がかかる』『ワイシャツのしわが自然乾燥よりできやすく、のばす手間がかかる』などです。

電気代は機種によって異なりますが、メーカーや家電量販店の店員さんに聞けば大体の目安を教えてくれるので参考にされてみるとよいでしょう。

子供が生まれた今、そういったデメリットを補って余りあるメリットがありますので、またそのお話も書きたいと思います。

 ↓こちらもご参照いただければと思います。

www.neoshufu.com

 

長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。

※我が家が購入したのはPanasonic製『NA-VX7300L』ですが、すでに生産終了となり、後継機種がでていましたので、ご参考までに。