ネオシュフ

共働きで2人の子供を育てる主婦の雑記

子供とドーナツ屋さんごっこをした時の話

こんにちは、ネオです。
ブックマークしてくださった方、星をつけてくださった方、読者登録してくださった方、ありがとうございます!共働きについての記事も書いていきます。

 今日はまたゆるい話題になってしまうのですが…
2歳の長女とドーナツ屋さんごっこをしたお話です。

長女はもうすぐ3歳になるので、『おどもだち』という子供向け雑誌(対象年齢3~5歳)に興味を示すようになりました。
まだまだアンパンマンも好きですが、プリキュアも好きになってきているようです。
本屋では、表紙に子供心をくすぐる付録がばーんと載っているのですぐに見つけます。

この雑誌の先月の10月号の付録がドーナッツのおもちゃのついたドーナツやさんセットだったので、長女はこれをものすごく気に入ったようです。

※首にもおもちゃをたくさん下げています。からまったりすると危ないので目がはなせません。。

 

この付録は、お店やさんのようなサンバイザーがついていて、輪ゴムでとめると髪の毛がぼわっとなってしまうのですが、それもまたかわいいです。

いらっしゃいませーと長女が言い始めたら、私はお客としていかねばなりません。

 

 

だんだんと起きている時間が長くなった次女とともに『ちーちゃんのドーナツやさん』に行きます。

お店での様子をみたり、保育園でおままごとをしているせいか、一個いくらです、などもちゃんと言ってきます。

ちゃりんちゃりんと言いながらお金を渡す真似をすると、



「ポイントカードありますか?」



と言ってきました。びっくりです。

この付録にはちゃんとポイントカードもついているため、慌ててそれを提示します。


 



と言って、ポイントを2つもらおうとすると、

 

 

 

 

真顔です。

 

『ちーちゃんのドーナツやさん』は、お買い上げ金額に応じたポイントを付与するのではなく、来店回数の多いお客様を優遇する方針のお店らしいです。



まるで実店舗でポイントをもらおうとしたら、

「お客様、当店は●●円以上でないとポイントをお付けできません」

といわれ、慌ててポイントカードをしまう時のような恥ずかしさを味わえます。
おままごとなのに、思わず



「あ、すいません…!」



と言ってしまいました。



リアル社会のきびしさまで再現してくれる、おままごとなのでした。。